<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
星が生まれた瞬間

高知〜徳島横断 一週間の野宿旅

 

憧れの四万十川へ!!!

 

 

 

何なんだろう!?

この良さは!!!

 

ただただ水が美しいからか??

この水量がいいのか??

 

ここに立ってるだけで、嬉しくって仕方ない!

自分の身体の奥底から嬉しさがこみ上げてくる。

この嬉しさ、一体どこからこみ上げてくるんだろうか?

 

私が水が必要な生き物だからか?

だからキレイな水に心踊るのか??

 

高知の自然の壮大さに、驚くばかり

 

 

青って生命が元気になる色なんだろなぁ。。

 

また絶対、四万十の水に会いに行くよ!

 

 

 

 

空がとても広いので

夕方、空を眺めてたら

一番星が出てくる瞬間を見た!

 

フワっと、まだほのかにピンク色の

薄暗くなり始めた空に浮かび上がってくるんだ

 

 

子育てしてたら、何でもすぐに忘れるんだけど

あの 星が生まれる瞬間のフワっとの感触は

きっと忘れないだろなぁ。。

 

 

翌日には流星群もいっぱい見た

 

 

 

 

高知の西の果ては 海の青さもすごかった

 

 

遠いけど、また絶対行くよ!!

 

 

 

ブログなかなか更新できてません。

Instagramやってますので、

よかったらそちらもどうぞ

(って、たいしてupできてないけど。。)

 

ワダマキInstagram

 

 

 

 

 

 

 

 

はだしのじかん

うちは、家の中と外があまり区別ないような家に住んでいます。

思い立ったらすぐに飛び出せる!

 

自然の近くで暮らし始めたら

その境界線がくっきりあるのが、煩わしく感じてきて。

土と近い暮らしをしたかったので、わざとそんな空間にしたのですが。。

 

その影響か、青は靴を全然履いてくれない。

家の前は芝生にしてるのでいいんだけど

畑にもずかずか裸足ではいってくる。

 

はじめは、畑に結構毛虫もいるから踏んだら怖いし!と

靴を履かせようとしたんだけど

履かせてもすぐに脱いで、気付いたら裸足になってる。

 

もう履かせるのも面倒くさいので、

これが毛虫やで!ムカデも触ったらアカンで!!と怖いものだけ教えて、

踏んだら踏んだ時や!と開き直って、やりたいようにさせることにした。

 

自由を手にいれた青は、のびのびと裸足で土の上で遊んでる。

 

しかし、案外と毛虫とか踏まないものである。

意外だった。

 

踏むか踏まんかわからん、もしかしたらのために、

私はこの楽しさ止めたらあかんよなぁ。。と改めて思った。

 

そんで石がゴツゴツで足が痛いときは

「くつはくー」と言って自分でちゃんと履いたりしてる。

大人が勝手に判断しなくていいんだ。

 

しかし、家の周りだったらいいんだけど

どこでも裸足になろうとする。

スーパーやお店で買い物してても、道路でも裸足になろうとする。

道路はガラスとか散らばってそうで、危なそうなとこは、さすがにとめるんだけど

スーパーやお店で、はだしなんて、何の害もない。

でも、人目を気にして、靴履きなさいって履かせたりするんだよね。。

 

人目を気にして。。

突き詰めて考えたら

自分がちゃんとした大人に見られたいからだなぁ。。

青が裸足で気持ち良い!より、自分がちゃんとした大人に見られたいをとるのか???

 

子どもが裸足!って、いまどき日本で全然見かけない。

今のこどもって綺麗だもんね。汚れたら怒られるし。かっこ悪い?

 

 

 

あまりに気持ちよさそうなので、

私も裸足を味わってみることにした

 

 

青は庭で裸足で、ううあ(UAがNHKで歌のおねえさんしてた時の歌を聴いて以来ハマっている)になりきって

よく歌ってるんだけど

一緒になってやってみたら、超気持ち良い!

(口はお得意のマジックでメイク。黒の日もあってそれはちょっとコワイ。。)

 

青はこんな気持ち良いことしてたんか!!

女性アーティストでよく裸足で歌ってる人がいるけど

気持ちが少しわかった気がした。

 

裸足で歌うのって、めっちゃ気持ち良い!

 

 

そういえば、私も裸足が好きで、

20代の頃、酔って夜中に帰る時、駅から裸足で歩いて帰ったりしてたなぁ。。

夜中だと誰にも気づかれないような気がして。

みんなが寝静まった後の、自分だけの世界。

社会に出て行くと、ああいう時間ってとっても大事だよね。

どう見られたいとか、どう思われたいんとか、そんなん何にもない、ただの自分の時間。

その時に、靴履きなよって言われても、

嫌だよ!気持ち良いからやってるんだからさ!ほっといてよ!と言い返したに違いない。

 

そうだよねぇ。。

気持ち良いからやってるんだよね。。

こんなに堂々と裸足を楽しめるって今だけだよね。

親だからって、あなたの世界に踏み込んじゃいけないね、本当に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもが作った指輪

 

年子の男の子(2歳3歳)の

子育て真っ最中のご夫婦の指輪を作らせていただきました

 

2歳と3歳の年子!!しかも男の子!!!!

2歳の子育て中の身としては、聞いてるだけで恐ろしい!!!泣

 

ファッション大好きおしゃれカップルなので

カッコイイのにしたいなぁと、

 

ゴツゴツした指輪のがお好みなので

 

そんなカワイイさかりの、やんちゃっこ達に粘土で造形してもらいました

 

 

ひび割れてたり、いびつだったり

大人だと狙っちゃうから、こんないい感じにできない

 

 

これ指輪になったら、めっちゃカッコイイやん!!と

ワクワクしながら丸めて指輪にしました!!

 

 

 

女性用はホワイトとゴールドの2連

 

 

男性用は太い指輪一連 

 

 

どちらも、ホワイトゴールドの方に

結婚記念日の石 翡翠(ひすい)を埋め込んでいます。

 

 

翡翠の小さなカットされた石は海外マーケットも、どこを探しても見つからず

(翡翠の特性上、そんな小さくしない)

業者さんに無理なお願いをして、特別にカットしていただきました

 

1mmと1.5mm!!??

翡翠をそんな小さくするなんて!もったいない!!と

業者さんもビックリされましたが、無理難題を引き受けていただけて良かった。

 

 

 

 

お互い子育てしながらなので、

やりとりに時間がかかり、一年がかりの仕事になってしましましたが

なんとか、カタチになりました

 

毎日外で働くお父さんとお母さんが

子どもの造形を身につけてる感じが、がんばるお守りみたいでいいなぁと思いました。

 

 

気長におつきあいいただき、本当にありがとうございました!

 

 

 

(K18WG、K18YG、翡翠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星の王子様の点燈夫の世界

 

個性的なカップルのマリッジリングを作らせていただきました。

 

 

依頼主の 好きなものを聞く中で

浮かび上がってきたデザイン

 

ランプや、星の王子様の点燈夫が好きな方なので

点燈夫の住む星の世界を指輪にしました。

 

星の王子様が唯一友達になりたかった点燈夫

 

サンデグジュペリの独特の世界観

絵のふわふわした線の雰囲気を大切に制作しました

 

 

点燈夫の星が 男性の指輪

ちゃんと街燈がさせるように、星の表面に穴があいています。

 

 

彼女に粘土で造形してもらい、それを丸めて指輪にしました。

なので、指紋など残っているので、そのままあまり表面を仕上げずに指輪にしています。

穴を見せずに裏を表に着けてもカッコイイ!

 

 

 

そして、点燈夫が持っている火を灯す棒を、ぐるりと指輪にしたのが 女性用

 

 

 

火の部分はトパーズ

 

この2mmのトパーズがどこにもなくって探し回って

タイのマーケットに唯一、一個だけあった、レアな石!

 

彼女の星座石がトパーズで、

トパーズは、サンスクリット語の「トパス(火)」が語源とも言われており

火を表現するのにちょうどよかった。

エジプトでは、暗闇に光をもたらす魔法の石とされています。

 

 

 

そして。。

 

 

街燈は、家でお留守番

たまに一緒にお出かけできるように、ネックレスにもなります。

 

 

街燈のライト部分は水晶の欠片を使いました。

 

 

 

 

個性的なカップルなので、二人の世界観に合う面白いデザインにしてみました。

 

 

一見は普通の指輪なのですが

自分たちにしかわからない物語を込めるのが

私の得意とするところです

 

 

何もないところから 物語をつむぎ

だんだんとカタチになっていくワクワク感

それを一緒に味わってもらえるので、オーダーラインは本当に楽しい!

 

青が昼寝してる時間や

旦那さんが雨で林業の仕事が休みの日 コツコツ作ってるので

付き合いが長くなるので

手放すのが寂しいくらい どの指輪も気に入ってしまう。。 

 

 

楽しい時間をありがとう!

末長くお幸せに!!!

 

 

Tsumugiのサイトを作りました

http://tsumugi.mazarbebracha.com

 

 

 

 

 

 

 

むぎを想いながら

うどん屋さん&シフォンケーキ屋さんカップルのマリッジリングを

作らせていただきました。

 

どちらも小麦!!

 

そして依頼内容が、

うどんとシフォンケーキどちらもを構成する

「むぎと水の事を想いながら作って欲しい」というものでした

 

ほんわり柔らかな雰囲気の大人カップルなので

さりげなく、むぎを表現できたらなぁ。。

 

 

そして、むぎのことを想い続けて

 

 

指輪の表面に、むぎの穂のテクスチャーを写し取りました

 

指輪が細くてわかりにくいかもなので

実験してた真鍮サンプルの画像も載せます

 

 

むぎのツンツンした穂先を表面に押し付けて

 

 

 

そして、彼女の描くイラストがとても可愛いので

「むぎと 水」のイラストを描いてもらって、指輪の内側に彫刻しました。

 

象形文字のようでカワイイ!

 

 

女性用はイエローゴールド

 

 

男性用はホワイトゴールド

 

 

 

とても真剣に、むぎのことを想い続けていたら

 

 

遠い未来に、この指輪が発掘されるようなことがあったら

この指輪を身につけていた人たちは

麦と水をとても大切にしていた人たちなんだ!と

時代を超えても、二人のことを分かってもらえそうな指輪ができました。

 

私は猫の名前もむぎだったくらいなので

むぎを想う時間、本当に楽しかった。

素敵な時間を ありがとうございました!

末長くお幸せに!!!