自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
むぎのときいたる

むぎがいなくなった。

 

私がむぎと一緒にいるところを見たことある人は、わかってくれると思うけど

私は本当にむぎが大好きだったし、深く結ばれていたと思う。

 

むぎとの出会いは屋久島がきっかけ

 

むぎの由来

 

 

屋久島は私に初めて「目に見えない世界がある」と感じさせてくれた場所で

むぎはそれを身をもって示してくれた猫だった。

 

そんなむぎが、ある日忽然と姿を消した。

 

丸一日家に帰って来なかったのは、怪我をしてた時、一日だけだった。

 

その日はむぎが夜になっても帰って来なくって、朝になっても帰って来なくって、

そんなことは初めてだったので、心配で心配で苦しくて苦しくて、

「むぎ!ホンマにホンマに心配やねん!!お願いやから帰ってきて!」と

真剣に心の底から、どこかにいるむぎに向かって話しかけたら

その途端、ケガした脚を引きずって帰ってきてくれた。

 

むぎは、そんな猫だ。

 

私が話しかけたこと(声に出さなくても)わかってくれる。

 

そんなむぎがいなくなった。

 

夜になっても、朝になっても、夜になっても、朝になっても。。。

全く帰ってくる気配がない。

 

月がいなくなってから、むぎにはいつも

「むぎは最後まで私と一緒にいてね。むぎは私の守り神様なんやから」と

ことあるごとに伝えてきていた。

だから、急にいなくなってしまうなんて、信じられなかった。

 

ちょうど読んでいた小説が、バリ島が舞台で、バリで行方不明になった女性を

友だちが日本から探しに行くお話で、結局その行方不明になった女性は、

螺旋の描くココとは違う次元に行ってしまったというような 不思議な結末だった。

 

それを読み終えた朝に、むぎがいなくなったので 頭の中には、

バリの違う次元に行くという螺旋がぐるぐるとしていたので

これは現実なのか何なのか、不思議な感覚だった。

 

何日か待ち続けた。 しかし、全く帰ってくる気配はなかった。

 

 

一体何日経ったんだろう。。とカレンダーを眺めて愕然とした。

 

むぎがいなくなった 5月31日

 

「むぎのときいたる」と書かれてある。

 

 

 

な、なに?これ?? どういうこと?

むぎのときいたるって何?

 

 

「むぎのときいたる」 秋麦至

七十二侯のひとつ、むぎの実が熟して収穫の頃

 

と書かれている。

 

え? むぎは何者?なんで「むぎのときいたる」なんて、古い暦知ってるん??

私もそんなん知らんかったのに。。

 

言葉のとおり

むぎの決意を、選んだ道を、つきつけられた。

 

むぎ完全に、もうこの世界にもうおらんやん。。泣

月(犬)に続いて、むぎまでそんな急にいなくなるなんて!!

そんなことある??

 

むぎがいないのなんて、諦めきれない。

むぎは私の家族だ!!

青に 「むぎにも絶対帰ってきてもらおうな!」と言ったら

 

「ゆっくり待ってて〜」と言った

え?耳を疑った。そんな言葉ハッキリ喋れたっけ??

 

当時1歳8ヶ月 まだそこまで話せず、

聞き覚えた簡単な言葉を反芻しているだけの状態の青がはっきりと言った

「ゆっくり待ってて〜」

 

え!?こんなセリフ誰から聞いたん!?

むぎが言ってたん!?と聞き直したら ニヤっと笑って

 

「ゆっくり待ってて〜」とまた言った。

 

ゆっくり待ってて〜は、その二回だけ。

その後まったく口にしなかった。

 

むぎが、青に伝言を頼んだと信じて、

 

私はまたどんなカタチでか、むぎに再会するのを待っている。

 

 

 

 

 

 

 
月がいなくなった

もう ひと月になる。


探し回った

探して見つかりそうな気もしなかったけど

探し回った



月は道に迷うような犬じゃない。

逃げ出すような犬でもない。

神隠し?としか思えないような いなくなり方だった。


地に足がつかず

日常に溶け込めない私をよそに 

時はちゃんと流れていた。


もう ひと月か。。。



周りの方々にも心配してもらって、探してもらったりして

こんなにたくさんの方に心配してもらえるって
ホントに幸せな犬だと思う。

ありがとうございました!


そして、そんな犬に出逢って一緒にいた私も
ホントに幸せだと思う。




今のところ月の最後の写真が

風と土の交藝のポスターになった。



いなくなる2-3日前の写真

最後にポスターになるなんて月やるなぁ。。(オザキン、しょうこちゃんありがとう)



どんなカタチになるか分からないけど
また会えると信じてるので、前に進むことにする。


とにかくまだいろんなことが途中なんだ。









月ファミリー里帰り

夏のある日

もうすぐお盆やし!と、月の子供たちみんなで集まることになった。


「犬バカの会」と名付けられた この会に

「え?みんなまだ??一番乗りやった???」と
1日前ならまだしても、2日前にやってきた おバカも約1名。。



ワダマキ憧れの二人乗りで 颯爽とウマコとワンコ登場!(2日前に。。。)



せっかく ウマワンがバイクで来たことやし
この機会に、月もバイク二人乗りの特訓しよう!  


早速カゴに入れられ



不安で固まる月と 笑顔のウマコ



さぁデビューだよ!



いくよ



フラフラ〜

ヒョロロ〜

怖さに固まって、ひたすら背中に ピタッともたれかかってくる月



そんなヨチヨチなワダマキ&月チームに比べ


余裕のウマコ&ワンコ チーム




前々日に、急きょ そんなプチ「犬バカ会」も行われ




犬バカの会 当日



月の子供5匹のうち 4匹が里帰りに来てくれた。

みんなでお山に散歩に行った後に記念撮影!


右から2番目の一番小さいのが月
子供達は 飼い主も後ろ姿しか見たことない父親似

夜中に月の鳴き声が聞こえて、駆けつけた時に私が見たのは
大きめの雑種みたいな黒い犬だったが

子供たちの飼い主の間で
何故か父親像が どんどん美化されていっている

「わ!勝手に来て悪い奴やなぁ!」
「なんか黒い大きめの犬やねんて!」
という風に言われてたのが

最近では 
「カッコいい頭のいいシェパード」 になってきている。。


。。。。





こんだけいると、記念撮影にも手こずるが
みんな カワイイ我が犬の写真を手に入れるために必死 (犬バカ。。)













みんな大きくなったねぇ。。。

9か月前はこんなやったのに






みんなそれぞれ家族ができて かわいがってもらえてて良かった!



★オマケ★


その1





犬の集いに ゾッとするむぎ




その2




若かりし日の月





















月ファミリー


月の子供のことを良く聞かれますが

5匹それぞれの飼い主の元で、幸せに暮らしています

最後まで残っていたのが
ワンコ♀ と コロ♂




この二匹は半年くらいウチにいたので、随分大きくなってたし
散歩にも一緒にお山に連れて行ってた。



月と子供たちを連れて、初めて山に入った日。

月は山に入るや否や
犬の走り方じゃなく、ピョンピョン飛び跳ねて、
鹿のマネをして走り回って子供たちに見せてた

必死についていこうとする子供たち


わぁ〜子供にこんなこと教えるんやぁ〜と感心しながらも
鹿の走り方を教えてたので、笑った。
月の中で鹿の走り方はカッコいい走り方だったんだろう。。




またある時は、落ちてる鹿の骨を食べる事教えたり



骨の味を覚えたこの時以来、
二匹とも骨を見つけて食べるようになった。






鹿と闘うところも見せていた!

大きな鹿が暴れてるのと、母の狩り中の興奮ブリが半端じゃなくって
ワンコは、恐くなって走ってお山を降りて 先に家に帰り
コロは私の後ろに隠れていた


二度目ともなると少し慣れて、
興奮してキツネか何かを追って走リ回る母を 離れて見守っていた。






そんな二匹もそれぞれの飼い主と暮らし、今や大人になり
母よりでっかくなってしまった。。



(左が月、右が近所の住んでるコロ でかい!)



それぞれ狩りもするようになり、ワンコはしょっちゅう鹿を捕まえてる!


コロはこないだ、月と山へ行った時に猿を捕まえたそう。

しかも子猿二匹。。。


翌日私も一緒に山へ行き、コロに隠していた しとめた子猿を見せてもらったけど
子猿はさすがにこたえた。。。

バランスが人間の赤ちゃんにめちゃくちゃ似てる。
むちゃくちゃカワイイやん。。。


子猿をくわえて大興奮で楽しそうに誇らしげに走り回るコロ

母猿は遠くで鳴き叫んでたそう。。。

複雑だけど、それが自然。



子猿を隠すところ






月のお山の教育が生きてるんだなぁ。。
犬にもそうい教育ってあるんだなぁーと感心するこの頃です


















★オマケ★

バイクの二人乗りを練習する ウマコとワンコ



これでウチまで来てくれた!



私も月と練習したことがあったけど、
月はビビりなので難しくて断念したので
ワンコで実現して嬉しい!

月もまた練習してみよかな??





逃した魚は。。。
 

庭のモコモコに生えたシロツメクサで

月に冠をプレゼント



ん?

いやそう。。

すぐに振り落される。





じゃあ骸骨さんにあげるよ!






ん。。
ちょっと、気になるわ。。











三日月
 
ウマコ新居に、ワンコを送り届けた帰り道

夜空には、数えきれない程の星が輝き

お山の上には、三日月と金星があった。



そういえば、月が子供を産んだのも、こんな三日月の日だったなぁ。。としみじみ思う。


月に名前を聞いて、見せてくれたイメージもこんな三日月だったしね。
子供がみんないなくなって、母親を卒業するのも、三日月かぁ。。

月は、ホントに三日月に縁のある子なんだなぁ。。。
控えめな性格も、なんか三日月ととても似合ってるし。



家に着くと、家全体が妙に静かに感じた。
ワンコがいなくなっただけで、ぽっかり穴が開いたような。。
半年前は存在もしてなかったのになぁ。。不思議。

仔犬たちはみんな近いうちに別れが約束された存在だったので
いつ別れても悔いがないように大事に育ててたんだけど、
それが半年も一緒にいたので、やっぱり家族のようになってしまってた。

その夜は、ウチってこんな静かだったっけ??というような静けさで満ちていた。



翌日から、月は元の月に戻り始めた。
顔もお母さんの顔から、元の月の顔に戻りつつある。


月、お母さんお疲れ様でした!
一緒にとても貴重な経験させてもらいました。ありがとう!
これからはまた甘えてね。




私は私で、
この一年ぐらい飾る場所が分からなかった絵の飾り場所をようやく見つけた。

チャンキー松本さんの個展で、静かに一目惚れした絵
とても好きで、フレームまで古材で自分で作って、部屋に飾る気満々だったのに
いざ飾ろうかと思っても、どこに飾っていいのか見えなくって、
事あるごとに、どこなのかな??と、しっくりする場所を探していた。

そんな探してた場所がようやく見つかった!



月の小屋だったなんてね。。全く盲点だった!


犬の小屋に絵なんて!?と思われるかもしれないが、どうにもピッタリ!

私たちも実際毎日、目にする場所だしね。


見るたびに、
月を見るような、とても静かな素敵な気持ちをもらっています。











ウマコ&ワンコ引っ越し
 
ウマコさんが







引っ越しで



ウチの近所をあと10分後に通過するよ!とメールがあったので



マラソンを見に行くように



ワンコと見に行った




ワンコは、最後までウチに残ってた月の子供

厚かましくちゃっかりもので寂しがり屋で,
けど愛嬌があってにくめない。

誰かにとても良く似ている。。。

ワンコは態度がデカいので、控えめな月はいつも押しのけられてた




そんなワンコも、ウマコさんの引っ越しを機に、ウマコ新居へお引越し。

馬と暮らすのに、馬が怖いワンコ




ただ今訓練中! こわすぎて私にべったり






ワンコ、早くお馬とも仲良くなって、楽しく暮らしてね!








月と仔犬の2週間
 
日に日に大きくなる月の赤ちゃん


産まれた時が350gだったのが
おおよそ4倍! もう1300gもある!!



風船みたいに、毎日膨らんでく感じ




ご飯食べながらも、ひたすら吸われる


はぁ〜疲れたぁぁ




しばし休息


子供たちは、おっぱい飲んでるか寝てるかどちらか



ん? 何か見たことある。。



何かエジプトかどこか古代の壁画みたい。。




何だこのしっぽ!




みんな固まって

ひたすら眠る



もぐらみたい。。







ごはんの器に頭入ってますけど。。




堂々としずぎてるので、神様の後光みたい。。





10日目くらいからようやく少しだけ目が開き始めて半目になった





2週間目にようやくパッチリ開いた


まだ見えてるかは謎。。



お母さんにおしっこさせてもらう



嫌がっても

寝ても覚めても





この2週間でホントに大きくなった!


生まれてすぐ



↓↓↓ 2週間後



デカい!!!




月家すでに手狭。。





お母さんって毎日ホント大変だね









月に赤ちゃんが産まれたよ!



やたら雄犬がやってきて大丈夫かな。。と心配してたのが2ヶ月前

やっぱり何かお腹大きくない??と、疑い出したのが1ヶ月前



10月1日 

朝3時くらいから、陣痛なのか様子がおかしくウロウロしたり鳴いたり。

ついに来た!!


朝5時40分くらいになって本格的にいきみ始めた。

そして、5時55分に第一子誕生!



皮膜に覆われ出てきた赤ちゃんは、

あ!お父さんやっぱりあいつや!!と、皮膜に覆われた状態でもわかる程
お父さんの模様にそっくり。


皮膜は舐めて取ってあげて、出てきた胎盤も食べて、へその緒もちゃんと切ってあげて
全部月が自分でやって何も心配いらなかった。

皮膜を取ると、仔犬はへんな声で鳴いた。
鳴ったって感じの音。

そしてすぐに、お母さんのおっぱいを飲みに行った。


そんな事が7時くらいまで繰り返され、結局5匹産まれた


今まで自分が甘えん坊だったのに、5匹産み終わる頃には
月はすっかり母の顔で、初めて見る顔だった。




近所の人や、友達が早速見に来てくれたら大事そうに、赤ちゃん隠したり

月も出産で疲れてるはずなのに、ずっと赤ちゃんを舐めたりして世話をしている。

一日目は、散歩にも行かず。
おしっこだけ庭でして、すぐに走って子供の元に戻っていた。





むぎも何かおかしいなと、普段は近寄らない月の小屋まで覗きに来たり


 



仔犬はまだ眼も開いてない。
おっぱい飲むか、寝るか、ウンコするか。
とにかく必死にお母さんを求めてる。



ちょうど一年前は、月がこの子の立場だったのに。





新月か満月の時に産まれるのかな?と思ってけど、三日月の時に産まれた。

「なんだぁ。満月じゃなかったね〜」何て言ってたんだけど

そういえば、一年前に月に名前を聞いた時に、
月は私の頭の中に、三日月の映像を見せてくれたんだ。
それがあまりにピッタリきて、「月」って名前にしたんだけど。

そうかぁ。。
月は三日月の日に赤ちゃんを産むって運命だったんだ。

それはもうあの時から決まったのかな??





とにかく

月にとんでもなく美しい様を見せてもらった。







畑のむぎと月
 
畑の月ハウス



ん?誰か来た??






キョロ




キョロ





むむ!? 屋根の上に むぎ!?




知らんぷり