自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石の神様も木の神様も | main | ファンタスティックマーケット >>
お米とロウソクとネックレスと鉛筆
ビエンナーレのアイラブライスという作品の中で
和蝋燭の材料である「米ぬかロウ」を使わせてもらっています。

お米を食べながら、またお米を作り続けてることを表現したくて
米ぬかロウで田んぼの中で作業する人を作りました。
お米エネルギーを燃焼させて新たにお米を作る。

物販コーナー藤田邸で「米ぬか和ロウソク」と
アイラブライスと記したネックレスをセットで販売しています。


その「米ぬかロウ」を提供してもらってる老舗
近江手造り和ロウソク大與の4代目が
ビエンナーレに駆けつけてくれました。


ポーズまでとらせて
どうしようもなくぼやけた写真でごめん。。




お米とネックレスのセットもあります。

今回は滋賀県で無農薬栽培されてる農家さんにご協力いただきました。
(以下あいうえお順)


お米の家倉さんの白米


クサツパイオニアファームさんの玄米


針江のんきぃふぁ〜むさんの古代米
(古代米は白米に混ぜて炊いていただきます)

どのお米もホントにとても美味しいです!


そんな藤田邸の奥で、
奥深い鉛筆画を展示されてる藤居典子さん

鉛筆なんてウチにもいっぱい転がってるけど
そんな身近なものからこんな素敵な作品が生み出されるなんて。。

藤居さんは滋賀の作家さんで会期中はほぼ藤田邸におられます。
物販コーナーの面倒も見てくださってます。
(藤居さんいつもありがとう!)


滋賀の湖東には芯のドシリとした
素敵な絵描きさんが多いように思います。
藤居典子さんも、先にご紹介した大舩真言さんもだし
野田幸江ちゃんもだし。
何かあるのかしら??

藤居さんともお話しできるし
藤田邸にも是非お立ち寄り下さい!





BIWAKOビエンナーレ2010“玉手箱−Magical World”

9月18日(土)〜11月7日(日) 火休
会場:近江八幡市旧市街地

一般1000円 市民500円 大高中800円 市民400円
リピート料金 一般700円 大高中500円

※「市民」は近江八幡市在住または市内各学校通学者。
購入時に身分証明・学生証提示が必要。
※リピート料金を希望する際は、前回来場時のチケットを
提示すること。