自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 11月初旬 下屋(げや)工事の準備もはじまる | main | 11月中旬 キッチン、窓枠製作 >>
11月初旬 ついについに土間打ち!!

ついに、ついに、この日が来た!

土間打ちの日!!

ここまで来るのに、一体何日かかっただろう。。

ホントは昔ながらの三和土(たたき)土間が良かったんだけど
土間に床暖房を仕込むので、コンクリートにするしか道はなく
コンクリート流すための準備に、一体どれほどの時間を費やしたことか。

はぁ〜長かった!

 

今回は頼もしく、左官屋さん2名と

数日前に棟上げを手伝いに行った 漆器作家の落合芝地さんが
お返しに駆けつけてくれた。

↓(落合邸小屋の棟上の一コマ)




ひらいあん、落合さん、ワダマキの3人で生コンを運ぶ






この生コン用の一輪車 いっぱい入るのでメッチャ重い!


架橋ポリやワイヤーメッシュで足場が悪いので
コンクリートを運ぶのも一苦労



運んだそばから、左官屋さん2名がならしていく。


はぁ〜プロって素敵!



いてくれるだけで、ただならぬ安心感



捨コンの時とはうってかわって 玄人臭が漂う



あれよあれよという間に、隅々まで平らになり



いつの間にか更なる仕上げもされて、ツルツルになっていた。




そんなプロの技に見とれていると、
空から何やら声が聞こえてきた。


「柿とっていい?」


ん!?




見上げてみると 落合さんが柿の木の上に。

ってか、普通登る前に聞くやん!笑


家族揃って柿好きらしく 
全然柿に興味ない人間からすると、
全く理解できない程の熱意で夫婦揃って柿に挑んでいた。

落合さんにこんな特技があったとは。。



夫婦柿取り大会があったら、間違いなく上位入選するだろう連帯感で
グングン収穫していった。


柿の収穫を喜ぶ母娘(早速かじる娘)




収穫にますます力が入る父



ウチはホントに全然食べてなかったので、
あんなに喜んでもらえて良かった!

来年もまた取りにきてね〜☆



って、危うく何の記事だったか忘れそうだった!


おかげさまで無事土間ができました。
落合ファミリー、ありがとう!