自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「古民家再生のススメ」&「美の高島Inspirationを感じよう!」 | main | Aquvii TOKYO 【EATRIUM】 >>
2014年

あけまして おめでとうございます

遅くなりましたが、おかげさまで、昨年の大晦日に引っ越しを終え
新年はニシノカイトで迎えることができました。


(家の前にある 元旦の思子淵神社さま)



新年早々、昨年を振り返ってしまうけれど
2013年は夏から、ひたすら巣作りに明け暮れていて
今もまだその中にいるのだけど、、
自分の人生の中でこんな時間って後にも先にもないだろうなと思う。
こんなに毎日毎日ガテン系な時間。


昨年引っ越しでバタバタで全く記録できなかった、
巣作り12月を少し記録しておこうと思います。




ニシノカイトの母屋は一階建なんだけど、
天井が高いので、天井の上に充分屋根裏部屋を作れる広さがある。


まだ完成してない部屋がいっぱいあるので
とにかく、仮で荷物置き場として
「引っ越しに向けて」第一弾、屋根裏部屋を先に作ってしまおう!という事になった。
(屋根裏のホコリを払うのは引っ越す前のがいいし)




天井板はとっても薄く、足の踏み場がないところに
床の基礎を乗せていく。

屋根の時にも実感したけれど
足の踏み場もない場所の工事って本当に大変なので
土井工務店の大工 細川さんに親方として入っていただく



屋根裏なので常に中腰の作業になるから
腰の負担も大きい。



この3日間の腰の負担を
ヒライアンは未だに引きずっている。




その間ワダマキは、「引っ越しに向けて」第二弾、食器棚の修復

ニシノカイトに置いてあった食器棚がかわいくって使いたかったんだけど
裏側が腐っていたので、腐っていた部分と全く同じ形のパーツを作り
交換していく





いつの間にこんなことできるようになったんだろう。。
家を改築してると、色々できようになるもんだ。。
昔なら腐っているから使えない!と諦めてただろうなぁ






そして「引っ越しに向けて」第三弾、
お風呂に薪ボイラーのお湯を引っ張って行くために
給湯の管を通す溝を掘ったり






お風呂にお湯が出た時の感動はひとしおでした!泣







天気を見計らって、下屋の作業にも取り掛かる




みんなでワイワイ屋根にガルバリウム鋼板をはって行く



草津でとっても美味しい無農薬野菜を作っている
カリーの野菜の カリー君&ゆみちゃん夫妻
画家の野田幸江ちゃん
現代美術家の井上唯ちゃん



いっぱい笑って楽しかった。みんなありがとう!





写真はないのだけど、
KBSラジオの田中雅子ちゃんにも
ハードな薪運びを手伝ってもらったり。。
(寒い中本当にありがとう!)


そんなこんなで、みなさんのおかげで何とか住める状態になったので
12月後半、ひたすら引っ越し作業にあたりました。
ワダマキの仕事道具もあるので
普通の倍ほどの時間がかかる。。泣

自転車屋BLUEの佐山さん、引っ越しお手伝いありがとう!

(土井さんが作ってくれた 屋根裏部屋に上がる階段)

そんなわけで、ホントにホントに
たくさんの方に助けていただき、今年からニシノカイトです。
ありがとうございます。


どんな一年になるのやら。。


本年もどうぞよろしくお願いいたします!