自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 産む力 生まれる力 | main | 11月26日 青はじめて笑う >>
流れ星


出産して ちょうど3ヶ月目の昨日
ふたご座流星群が見れると聞いて、ピリっとした冷たい夜の空気の中
毛布でグルグルにくるんだ娘を連れて夜空を眺めた

星って燃えてるんだなぁって分かるくらいの大きな星が頭の上を流れていく。

子育てしてると 過ぎたことをどんどん忘れていく。
お産の痛みすら忘れてる。
今思う事や考えたことを、少しでも記しておきたいなぁと
空から零れ落ちてくる星を観ながら思った。





娘の名前は青(あお)

女の子なんだけど、男の子みたいな名前
本当に青でいいのかなぁ。。と一瞬迷ったんだけど

出産して1週間経った頃、
このまま名乗ってこなかったらどうしようかなぁ。。と考え出した頃に
自分で名乗ってきたのでそうした。

名前の事は、また別の機会に詳しく書くとして
青は随分この世に慣れてきたように見える。


はじめの1〜2ヶ月は、一人で寝かせておくと泣くので
目が覚めてる間、ほとんど抱っこしてた。


抱き癖がつくとも聞くんだけど
考えてみたら、ついこないだまで
自分専用の空間(子宮)の中で、
ぬくぬくと羊水の中に浮かんでたんだもんなぁ。

それが今度は全く違う空間に生れ出てきたんだ。

そりゃ環境が変わりすぎてビックリしてるよね。

はじめから水の中に浮かんでたら
上も下も右も左も
自分と周りの境目すらあるんだろうか?

羊水の中にいるのとこことでは、肌の感触が違うし
それよりなにより、ここには光がある!

目はあまり見えていないそうだけど、光は感じられる。
今まで子宮の中で、真っ暗に慣れて生きてきたので
突然光の中にいるような感覚になって戸惑うだろうなぁ。
しかも急に暗くなったり、明るくなったりするし(電気)

今までの自分専用の空間とは違って
今度の空間には、違う音を発する生命体が何種類かいるようだ(声の違い)
それらが側に来て触ってきたりする。
ひとつの音だけは、お腹の中でよく聞いてたから、ホッとしそうだ。
(お母さんの声)


そんな今までと全然感覚の違う
得体のしれない空間にポツンと一人でいたら絶対不安になると思う。
泣いて当たり前だよね。。

とにかく、まず安心してもらわなきゃ
この世に慣れてもらわなきゃ
と、ひたすら抱っこしていた。


今はもう、この世に慣れて安心したからか、
よく笑うようになった。


それだけでとても素敵な事だなぁと思う。