自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< むぎと青 | main | ヒリヒリとした記憶 >>
歌うということ

 

またまた昨年の話だけど。。


クリスマスの頃、青から何やらメロディが聞こえてきた。


1歳3ヶ月

まだ言葉も「まんま」「わんわん」など6つくらいしか話せない赤ちゃんだ



え!?

何!?今の?


♪ふんふんふんふんふ~♪  って!?


鼻歌!?


驚いて

「え?今あお、もしかして歌った??」


と聞いたけど、反応がなかったので



♪ふんふんふんふんふ〜♪

と、さっきのメロディを真似してみた


そしたら、恥ずかしそうに、ニヤっと笑った。



わぁ〜、

やっぱり歌ったんや!


今、ラジオもテレビもついてない、静かな空間の中で

自分の中からメロディが出てきたんや!

なんかすごいわ!

歌ったんや!


いつかに聞いたメロディなのか、

自分の中に湧き出てきたものなのか!?


生まれてはじめて笑った時ほど感動した はじめて歌った日。


----------------------------------------------------------


青が生まれてすぐの頃、

泣きだしたら あやすのに私も自然と歌ってた。

特にキラキラ星が好きなようで

キラキラ星を歌うと 青は必ず泣き止んだ


あぉ〜お母さんって自然と歌うんやなぁ。

そんで、赤ちゃんも生まれてすぐに、好きなメロディがあるんやなぁと

歌うという行為自体に、じんわりと感動した。


なんというのかな?

武器というか。

武器じゃないな、道具?


与えられた声という音で、メロディを奏でる

とてもシンプルな行為

それで子供をあやす


これってきっと、縄文時代から何にも変わってないんやなぁ

縄文時代のお母さんも、きっと子供をあやすのに、

何かメロディを口ずさんでたんやろなぁ。


今って何でも道具に頼ってるから、物があふれかえってて

子育てにも、色んなものが必要なのかなと惑わされるけど


おっぱいをあげ、抱いて、歌う

お母さんたちは、ずっとこれでやってきたんやなぁ

縄文時代から変わらず ずっと。

その先に 今の命が続いてる。


何だか子育てって、とてもシンプルというか

究極な行為で、

身体に対する感覚が変わった気がする。


だから、その中からメロディが生まれ出てくることに

余計に感動するんだ。