自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヒリヒリとした記憶 | main | 土に埋める >>
まさかの水遊び

この冬一番の寒さ

雪の舞う中、青と近所を散歩してたら
湧水の水汲み場で、まさかの水遊びを始めた

わ!と気づいたときには、
すでに袖が濡れてしまっていた。
めっちゃ寒いけど、もう濡れたしええかぁ。。と諦めて、
そのまま遊ばせることにした

夢中で水に向かっていく青
諦めたけど、さすがに
ちょっとちょっと!と 止めたくなるほど
全身ずぶ濡れになったきた。

もうやっぱりやめさせようか?と思った時に、

きゃぁ〜〜〜〜〜!!と雄叫びをあげながら
むちゃくちゃいい笑顔で振りむいた。
もう、お腹の底から楽しくて仕方ない!って顔で

あたまにあった「もう!風邪ひくで〜」の言葉が消えた
そんなんどうでもいいわと思えた。
こんな楽しいんやったら明日風邪ひいても、もうええやろう。
ってか、こんな楽しかったら風邪ひかんわ!
そんな自信をくれる笑顔だった。


大人が与えてあげれるもんじゃないんやなぁ
子供がホンマにおもろいと思うことなんて、大人の頭ではわからない。
大人は、いかに邪魔しないかだけなんやなぁ。。

どんどん、バシャバシャやってて
ますます全身ずぶ濡れになる、一歳児に教わった。