自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まさかの水遊び | main | 春の風 >>
土に埋める


時計は16時半をさしている
17時までに市役所に持っていきたい書類があるんだけど。
間に合うか!?とえりあえず行ってみよう!と 急いで車を走らせる

すると猫が対向車線の真ん中で横たわっていた。
通りかかった車はよけようもなく、猫をまたいで通って行っていく。
猫は車にまたがれ、恐怖のあまり上体を起こし鳴き叫んでた

なんだ今の光景は?

通りすがりに見たものが飲み込み切れず、
通行量の多い一車線の道路だから急にも止まれず
そのまま通り過ぎた

あの子、車にひかれたんかな。
あのまま死ぬんかな。
あんな車にまたがれ続け、怖い思いしたまま死ぬんかな
私も止まればよかったんちゃうんか?
でも何ができる?
横には青もいてるし
すでにぐずってるしな。
市役所も閉まってしまうし
この書類早く提出しなあかんし。
でもそんなん来週でもいい話よな?
ホンマに猫を道の端によける時間もないほど忙しいか?
なんかそんなん生き物として嫌やな。
やっぱり戻ろうか?
でも戻って何ができる?
触るんも勇気がいるよな。
でもあの子、あんな道路の真ん中でもう一回ひかれてしまうかもしらんな。
そやな、それはアカンな。
やっぱり ひきかえそう!

迷うこと5分、ようやく引き返すことに心が決まった。

戻ってみても、猫はそのまま道路の真ん中に横たわっていた。

車を停めて近づいてみると、
外傷はないけど、口から少し血が出ていた。
あぁやっぱりひかれてしまったんか。
時折苦しそうにもがいていた。
とにかく、端っこによけよう。

よけたものの、こんな真横を車がびゅんびゅん通るとこに置いてくんか?

私が死ぬ立場やったらどうやろな
こんな寒空の下、ポイっとよけられ死ぬんか。
側に人にいて欲しいかな?一人で死にたいかな?
一人で人知れず苦しみ死ぬより、誰かに苦しさを心配されたいかもな。
背中でもさすってもらいながら死にたいかもな。
その方が苦しさが浮かばれる気がするかもな?
でも、この子は猫やしな。
猫は一人で死にたいか?
ましてやこんな知らん人に寄り添われてもいらんか?

背中をさすってみたら、ドクドクと鼓動が熱かった。
内出血してるからか?
ってか、素人考えで判断してたけど、この子ホンマに死ぬんか?
もしかして助かったら?
すぐそこに動物病院があったこと思い出し、電話してみた。


こんな状態ですけど、この子助かりませんか?

見てみないとなんとも言えないですね。。
連れてきてくれたら診ますよ

じゃあひとまず連れてってみます!


たまたま新聞が車にあったので、新聞を敷いて車に乗せ慌てて動物病院にむかった。
ちょうど午後の診療が始まる寸前で、誰も患者さんがいなくてすぐに対応してもらえた。

はじめに対応してくれた先生に、
診れますけど、診療代はアナタもちになりますよ?
連れてくるより前に、先に役所に電話したほうが良かったんです。
「拾う」ってそういうことですよと、現実を突き付けられた。

え!?治療費ってどんだけかかるん!?
こんなんめっちゃ高いんちゃうん!?
助かるならいいけど、助からん上に治療費かかったらキツイなぁ。。
どうしよう。。
拾ったんか?私!?
ほっとけんかったし、どうしていいかわからんかったし
助かるかわからんから診て判断してもらいたかっただけなんやけど。。

もごもごと 動揺しまくってたら、猫がバタバタと苦しみはじめた。
(最期の亡くなる寸前の兆候だったんだろう)
 

横からきた別の先生たちが、苦しむ猫を見て
助からんかも知らんけど、とにかくやってみよ!と診療室へ連れて行ってくれた。
(結局は気持ちで診ていただきました。ありがとうございます!)


けど、先生たちの手に渡って、まもなく息を引き取った。


そして先生が、
役所が引き取ってくれるので聞いてみますと電話してくれた

しかし、猫がひかれた道路が、県道だったようで
高島市にではなく、滋賀県の管轄になるので県に電話してくださいと言われたようだ。
高島の市役所からすぐ近くでひかれた猫のために、
わざわざ滋賀県の職員がくるのか?
高島でひかれた猫一匹もどうにもできんのか?
大人が何やってんねやろ?と悲しくなったので
私がお山に埋めます。と連れて帰って、
ダンナの帰りを待って一緒にお山に埋めに行った。

病院で、口の周りの血を拭いて綺麗にしてもらえてたので、
死顔は穏やかに見えた。
(本当にありがとうございました)

つい今さっきまで生きてた生暖かい生き物は
まだ「生」の気配がするようで、土を被せる行為に違和感すら感じた。
この子はこの世ではどんな人生だったんだろうか?
いまから また土に還っていくんだなぁ。


死ぬって本当にあっけない。
車は生き物が乗るにはスピードが速すぎるんだろう。。
他の生き物にしたら凶器だよなぁ。。
いつだれが車にひかれてもおかしくない。


いつだって何が正解なのかはわからない。
でも、色んな事がルールや制度に縛られ、何だか気持では動きにくくなっていて
人が自分の意思で判断できなくなっていってて
どんどん不自由になっているような気がしてならない。
本来 人ってそんな生き物なのかな?
猫一匹すらルールに従わないとどうにもできないなんて

色んな事が もっとシンプルなはずなのに。

世の中の常識も時代によってあっさりと変わっていくし、
何か迷うときは、生き物としてどうなんやろう?と問いながら生きていきたい。