自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天の川の星たち | main | りんご畑のひとりごと >>
Tsumigi つむぎ

人の物語を紡ぐのが楽しくって楽しくって!

 

Tsumugi(つむぎ)という名で 

オーダージュエリーラインをはじめます。

 

===========================

お守りのようなジュエリーを作りたいと、ずっと思っています。

たくさんの人と出会う中で、ある人に出会い(犬や猫、動植物も!)

一緒に生きていくこと。

そして新たな家族として登場してくる人たちの奇跡。

私にとっては、それが心のお守りです。

 

そんなそれぞれの物語を指輪に紡ぎます。

 

==========================

 

今、4つのオーダーをいただいて

同時に考えていて

どれもが、ようやくカタチが見えてきました。
 

まず、どんな感じ(テイスト)が好きかをお聞きして

その人の、その人たちの、物語をお聞きし

その好きなテイストに、物語を紡いでいくのですが

 

はじめは、お互いカタチが見えていないんだけど

話し合い、試行錯誤を重ねる中で

これ以外に正解はない!!というところにたどり着く。

 

それは、まだカタチになっていない時点でも

「地球に存在して当然!」というほど確固たる存在感を持っていて

私は早くカタチに出会いたくて、ワクワクしながら制作する。

まるで、

地球の中に眠っている鉱物を掘り出すような感じに、とても似ている

 

この辺りにあるはずだよなぁと、掘り始めて、

その鉱物を含んだカタマリを掘り出して、

周りについてた石や砂を払って

ようやく、本当のその鉱物のカタチに出会う。

 

それを、自分だけではなく、

身につけてくれる人と一緒にワクワクしながら作り上げていくのが

最高に楽しい!

 

まだ完成していないのでご紹介できませんが

どの指輪も、とてもワクワクしながら制作しています。

 

 

 

Tsumugi という名は、

私の最愛の犬と猫、月とむぎから いただきました。

 

3年前にとても大切にしていた月(犬)が突然いなくなり

その1年後、全く同じ日に、青が誕生した。

そして、とても大切にしていた むぎ(猫)までも、1年前

「麦秋至(むぎのときいたる)」という、麦の収穫時期であるという暦の日に

突然いなくなった

 

嘘みたいな不思議をたくさん残し、

むぎと月、どちらもが突然消えたショックと

そこから、教わったとても大切なことを

どうしても、言葉として表現しきれず、

言葉として表現できないということは、誰にも伝えることができず。。

 

外に出すことのできないモヤモヤは

心に闇を内包してしまった感じで、

この数年、ずっと抱えて生きていた

 

 

その表現しきれぬ闇の先に

まさか、こんなワクワクする世界が広がるとは思わなかった。

 

むぎ、月、ありがとう。

そして、ワダマキに頼んでみよう!と思ってくださる方達、

どの指輪も、こんなカタチに行き着くのかぁ!と

ワクワク感動しながら作らせていただいています。

本当にありがとうございます!!