自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅にでる理由 | main | 変わらぬ景色、遥かな時を経て >>
破壊と再生

 

ウチの家の前に 思子淵神社さんという

とっても素敵な神社があります

 

 

参道が苔むしていて、トトロがいそうな深い森の雰囲気で

遊びに来てくれた人も

みんな素敵なとこやなぁーと

好きになってしまうような場所でした。

私も大好きで、家の前にこんな大好きな場所があるというのは

本当に素敵なことで、

むぎや月や青や

みんなでよく遊びにいってました。

 

シコブチさんに対する自分の気持ちを言葉で表すと

頼るというか、懐くという感じかな。

私は本当によく懐いていて、しょっちゅうシコブチさんの参道で過ごしていた。

 

 

 

 

 

 

 

こないだ10月に大きな台風が来て

家が揺れるほどの、ものすごい強風が吹き荒れた。

夜中に聞いたことのないバギギッというかガシンッというか、めちゃくちゃ大きい怖い音がした

 

 

翌朝見に行ってみたら、シコブチさんの参道の木がめちゃくちゃに倒れていた

 

 

 

モミの大木までもが折れたり、

根っこごと、倒れたりしていた。

 

石の鳥居までも、倒れてきた木が覆いかぶさり割れていた。

 

この一帯、猛烈な風の通り道だったんじゃないかと

後から言われた。

 

あんなにみんな大好きなシコブチさんがそんな風になるなんて。。。

ショックでショックで言葉を失った。

 

 

 

大木がいなくなる喪失感。寂しくて仕方なかった。

 

 

 

12月に入って、ようやく修復に為の伐採が始まりました。

ウチの旦那は木を伐るのを生業にしているので、手伝わせてもらってます。

全部で100本以上の木を伐ります。

そんなに倒れたのか。。

 

スッキリしすぎて、むちゃくちゃ景色が変わるだろうな。

ひっそりとしたトトロの森のようだったのに。。

苔も数年かかるだろうな。。

というか。陽当たり変わるだろうし、どうなるだろうな。。

 

とても良い時代の、シコブチさんの参道を私は見せてもらったんだなぁ

モミの大木がいなくなって、広くなった空を見上げて思う。

 

この世にずっと変わらないものなんて、何一つないもんなぁ

あの深い森を感じれる時代に居合わせれたのは、当たり前じゃなく幸せだったんだなぁ

 

またあんな、トトロみたいな参道になるには、100年くらいはかかるかな。。

もっとかな?

青の次の次の世代の人たちは、またトトロの森味わえるかな?

 

そう思うと、そんなに遠くないように思えてきた!

 

 

それなら今、負の遺産になってしまっている山も

思い切って諦めず手を入れたら、100年後には景色がかわるなら

本当に早く良い方向に進めていけたらいいのにな。。と

とても前向きに思えてきた。

 

 

シコブチさんの冬イチゴを食べる青

 

 

木が倒れなくって、大木までもがいなくなったシコブチさん

 

センチメンタルになる気満々で行くんだけど、

ここにいると、何とも言えぬ、前向きな気持ちになるのは

私だけなのだろうか??

 

 

修復工事が始まった日、本殿はとっても穏やかでした。