自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 宇宙に包まれたい感覚 飛鳥への旅 その1 | main | アンテナ喪失! 飛鳥への旅 その3 >>
妙に気になる山  飛鳥への旅 その2

橘寺で眠ってしまい、スッキリして温泉にでも行こかと、車を走らせてたら

一瞬パチンと目に飛び込んできた!

 

この道が

 

 

 

 

 

 

全然何にもないとこなのに、何だろ!?

めちゃくちゃ心惹かれる!

 

あの山に続く道通ってみたい!!と

今、強烈に思ってしまったので、

自分の感覚に素直に引き返してみる。

 

 

 

そしたら藤原京跡だった。

 

さすが古都!

すごいね!

地図みなくてもたどり着けてしまう何かがある。。

 

飛鳥京跡といい、

藤原京跡といい、さっきからなんだろう?

 

妙に心惹かれる。

「何かある」と思える、何かがある。。

 

そもそも土地を開いていく時、

ましてや都作る時なんて、その感覚に従うしかないよね。

 

ここだ!ここなんかいい!

って、自分の感覚を頼りに。

 

飛鳥に都を置いた人と私、かなり感覚があうんだろうか?

 

 

 

 

本当に何だかわからないんだけど、

藤原京前の、あの山へと続く道に

無性に惹かれるんだよね。。

 

何だろ?あの山??

 

気になって調べてみたら、

天香具山だった。

 

あまのやぐやま?

短歌で聞くけど、何かあるのかな?

めちゃくちゃ惹かれる。。

 

 

そして地図を見てビックリ!

 

さっき飛鳥寺から

飛鳥京跡周辺と、その向こうの山の景色を見て、たまらなくいいなと感じてたけど、

 

あれは反対側から、天香具山の方を見ていたんだ。

 

 

 

 

 

 

この私の天香具山への感覚は、一体何なんだろう??

 

天香具山について調べてみたら、

日本書紀で「天香具山の社中の土で祭器を作って祭祀を行えば敵に勝てる」

というお告げがあり実行したというストーリーがあるそう。。

 

山の土を採ってきて何か作るなんて!

めちゃくちゃ大好きなやつやん!

今まさに同じコンセプトで進めてる指輪があるし!

 

天香具山神社という占いの神様を祀った神社や、

山の中に「月の誕生石」と呼ばれる石もあるらしい。

 

何それ!全部大好物な感じ!w

よし!

明日は天香具山登っちゃおう!

 

この旅で、どこかの山に登るって感覚があって、

時間あったら、帰りに大神神社を訪ねて

昔登りそびれてた三輪山に登ろうかな?なんて思ってたけど、

登る山は、天香具山だったのかも!?

 

わぁ!明日も楽しみすぎる!

 

天香具山と飛鳥に想いを馳せ眠りについた。

 

 

その3へつづく