自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
もうすぐ3人も!

 

周りに出産間近の人が3人もいる。

3人とも、出産予定日が近くて大晦日からお正月頃

 

年齢も住んでるところもバラバラだし

それぞれに接点がないので

今まで気づかなかったけど

よく考えると、みんな私が結婚指輪を作らせてもらった人たちだ

 

1人は幼なじみで

もう10年も前に作らせてもらった

 

もう1人は今年の春に

 

もう1人は、只今制作中

 

 

なんとも素敵な偶然!

一気に3人も新しい人に出会えるんだなぁ〜

 

みんないつ出てくるのかな。。

 

今回はちょっとそわそわ気分の年末年始

 

 

 

 

 

 

生きた証

 

秋の始まる頃

 

小屋のガラス扉にぶつかって鳥が死んでた

 

 

青い鳥

 

 

可愛いし

外傷ないし死んでるって認識ないんかな

 

青もジロジロみてる

 

 

 

この子もう死んでしまったし、土に還るんやで

 

土に還るところ見たかったし

他の動物に見つからないよう、土に埋めずに草陰に置いたんだけど、

数日後に見たら、すっかり見当たらなかった。

 

一体誰に食べられたんだろう??

隠してたのに、めっちゃ気づくの早いね。。

 

野生の生き物の感覚って本当に感心するばかり。

 

 

自然の中に暮らしてると、生や死が身近に感じられる

 

 

 

あんな鮮やかな青い姿で生きたんだってことに感動して

その証の羽根を一本だけ分けてもらったんだ。

 

あなたの身体、本当になんともいえない美しい色だったね。

 

 

 

 

 

 

 

水色

 

君とても素敵なとこにいるね。

 

 

(洗面台に置いてる、青と琵琶湖で拾ったシーグラス)

 

君は自分の身体の色知ってるのかな?

そりゃいくら虫でも、自分の身体の色知ってるか。

いくら虫でもって、なかなか失礼な表現だったね。

ごめんごめん。

どうだろうね?

それとも、身体の色なんか気にしてないんかな?

 

そのガラスの色と、君の身体のきみどり色とっても似合ってるよ!

 

 

 

 

感心してたら、翌朝見たら死んでいた

 

 

 

そこを死に場所に選ぶなんて、君やっぱりすごいセンスあるね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝物

瓶を探してガサゴソしてたら出てきた

 

5年くらい前の冬に、宝物だと感じたもの

 

 

「解体した鹿ののどから出てきた 椿の葉っぱ」

 

 

今出会っても やっぱり宝物だった。

 

 

 

 

 

変わらぬ景色、遥かな時を経て

何百年前にも、ここで出逢っていた気がする。。

その場所でまた出会い、一緒に生きてく2人

 

結婚指輪のご依頼で、なんともロマンチックな話を聞かせていただいて、

小説一つ読みおわたような感覚で

2-3日その話でお腹いっぱいで、頭の回らない感じになった

 

 

かつて出逢っていた頃にも、同じ景色だったであろう山々

見ていると、とても懐かしく感じるという。

 

 

その変わらぬ景色に誓うような。。

 

そして、遥か昔の2人の間に流れていた時間、

その後、2人が別々に生き離れている間に流れた時間も含めたような

そんな指輪にしたいなぁと思った。

 

2人が指輪作りにどのような形でか、参加したいとのことだったので、

その懐かしく感じるという山に登って、石を採取してきてもらった。

 

その山は、水晶も採れる山で、

帰る間際に奇跡的に水晶を発見したので、この水晶も使いたいとのことなので

 

この水晶と、石を使って、指輪を作ることにした

 

 

水晶って、こうやって石の空洞部分や隙間にできる。

(この前方のは水晶ではない)

 

この水晶ができたのも、気の遠くなるような 遥か昔の話

 

水晶ができる時間と、2人の間に流れた永い時間をリンクさせて

 

 

男性の指輪を石に見立てて

その中の空洞で、2人が採ってきた水晶ができたイメージで

 

(内側に水晶がはめれるようにしました)

 

指輪の外側は、この石のテクスチャーを写し取った

 

 

女性用は、山の小石や砂を固めて指輪にしました

 

 

 

彼女は出雲に縁がある人で、

出雲は砂をお守りにしているので

ちょうどいいなぁと、こないだ出雲に行って思った

 

この砂はどこから来たのかな

彼らがかつて、時を共にした頃にも

この砂や石は、あの山にもうあったのかな??

そんなこと想いながら作ってました

 

みんなそれぞれに物語があって

それを聞かせていただいて、一緒に出会った奇跡を感じて祝えるので

マリッジリングの製作は本当にむちゃくちゃ楽しい!

 

(K18WG 、K10YG)

 

素敵なお話ありがとうございました!

 

 

 

 

Tsumugi Order-Made Jewelry