自分の手のひらに星を集める (mazar be Bracha & Tsumugi)
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
迷いの1129の日

11/22に出産予定だった友達が11/29に無事出産☆
いい夫婦の日のはずが。。オメデトウ!!いい肉の日に!

サナダ双子兄さんの子供が生まれたよ!と昼頃知る。
2件もオメデタ続きでワクワクしてしまう。
おめでとうございます!!いい肉の日に。

夕方、先日TVで見た「どこだかの有名シェフがオウチで作っている」と紹介してたレシピをマネてシチューを作リはじめる。
海老のクリームシチューを。いい肉の日に。

シチュー作りの途中だけど、新町の細野ビルで行われる
czeremonyのデザイナーのコゲさんのライブの時間になったので自転車で慌てて見に行く。コゲさんが部屋で考え事するのを覗き見てしまったようなライブ。久し振りに会えた人もたくさんで楽しかった!
あ、あと2Fで開催されてたBLESSの期間限定ショップも楽しかった。

その後、とても美味しくなる予感がプンプンしていたのでワクワクしながら、恋人に会う程いそいそ帰ってシチュー作り再会。
案の定どこだかの有名シェフがオウチで作るような
奇跡的に美味しいクリームシチューが出来上がる!
「メチャ美味しいね〜」とたくさん言いながら食べた。

そんないい肉の日を過ごした。


迷いの出産と満月と

私の周りもベビーブームすぎて
誰がいつ頃産まれてくるやら覚えきれない感じです。

友達の11月22日いい夫婦の日が出産予定日なのは覚えやすくて
唯一日にちまで覚えてました。
予定日を過ぎたのですが赤ちゃんがまだ出てきてないので、
この満月で宇宙が引っ張り出してくれるんだろうと
静かにそわそわ楽しみに思ってたのですが、まだ出てきてません。

今日彼女が産婦人科に検診に行った時
「おかしいなぁ〜。満月やのにあんまり産まれへんかったなぁ」と
先生がポソっと漏らしてたそうです。

そんな赤ちゃんがあまり産まれない満月もあるんだぁと
初めて知り改めて宇宙と生命の神秘を想います。

そういえば彼女は最近歩いてると
急に視界が地面に近い感じがしたり、元に戻ったりで
感覚がおかしくなってヨロヨロしてしまう事があるそうで
それを聞いてもしかしてお腹の赤ちゃんの目線が混ざってるんじゃ!?
と思ってしまいました。
不思議だけど。。でも赤ちゃんって不思議だから
「そんなわけないよ!」なんて誰も誰も言いきれないもんね。

生まれてくるのが楽しみです!




迷いの大仏と満月とイスラエル人

土曜に紅葉と大仏さまと鹿に会いに!と奈良へ行った。

東大寺への近道に通った興福寺というお寺で
親切なおばさんに友達の分が余ったのでと
興福寺「国宝館」秘仏特別公開!!なる入場券をもらった。
まだ紅葉にも大仏にも出会わん内に夕方になってしまう。。
と思いつつ初体験で見せてもらうことに。

最近少し簡単な仏教の歴史の本を読んでいたので、
今見るといろいろ感じて楽しかった。
(バッチリ仏様は蓮の花の上にいたし!)
飛鳥、平安や鎌倉時代に作られた仏像。
この仏像達に人々は昔から平和や幸せをお祈りしていて
人間って結局何かにすがって「いい人」になろうとする生き物であるだけで、いつの時代も同じなんだなぁとそんな風に感じた。

その後「もうすぐ入場締め切りますので急いでください!」のアナウンスにせかされ大仏様に会う。相変わらずメチャでかい!
でもさっきの秘仏公開で、等身大や2〜3mの程よい仏像を見た後なので、
こんなに大きいと庶民の願いなど聞こえないのでは?と思えてくる。
等身大では頼りきれないし私は3mくらいが程よく助けてもらえそうなサイズ感でいいなぁ。

東大寺を出ると、外国人に道を尋ねられた。
若草山を目指す彼に、ウチのダンナさんの英語と
私の単語+日本語で一緒に付き合うことに。
若草山は、東大寺から少し山を上がったところにある
奈良市内?を一望できる芝生の丘で、
鹿もいて天気のいい日はとても気持ちいい。
閉門時間超ギリギリに辿り着いた若草山は
ちょうど沈む夕日がメチャ美しかった。


彼はイスラエルから来ていた。
名前はyosi。ヨシではなくヨスィだよ!と
何回も訂正されたけど何回も間違えた。
ヨスィはもう1年ほど旅をしてて日本の前はメキシコにいた。
「私達もこないだメキシコ行ってたよ!」
「普段ヘブライ語話すの?私のブランド名ヘブライ語だよ!」
「何でヘブライ語しってるの?」なんてすっかり暗くなるまで話し続けた。
「メキシコは侵略前のマヤの文化もホント素晴らしい、
人がメチャ温かいよねぇ。」と私達が行き逃してた
マヤ遺跡の写真も見せてくれた。
「日本人は心に壁を作ってるからこんな風に話せるなんて珍しい!」
と喜んでくれた。

ヨスィの漢字を教えてと言われてダンナと2人いろいろ考えた。
「良」か「吉」かなぁとの提案に一文字なので不服そうだった。
特に「吉」は「コレはカタナじゃないの?」と
カタカナをカタナと間違えつつも疑い気味。
でもメチャいい意味の漢字やから絶対これがいい!と
命名の占い師気分でオススメし、刺青風に↓


私はいつかイスラエルに行こうと思ってるので国について聞いてみた。
「ボクは無宗教だよ。両親はユダヤ教だけど」
「イスラエルはいろいろ問題が多すぎるよ。」と
悲しそうに目を閉じ胸の前で手を組んだ姿にそれ以上聞けなかったり。

彼の無宗教と日本の無宗教との重さの違いを感じた。

ヨスィは私と同い年。
全然違う国に生まれ暮らしてるのに、
今興味があって考えてる事がとても似ていた。

ヨスィとは満月が見守る中別れた。
その日は一年で一番月が地球に近づいてたそうな。



迷いのレンコン

レンコンは蓮のねっこなんだって!先週知ってかなり衝撃でした!
そういえば、蓮根って漢字で書くよなぁ。。

会う人に「蓮根って蓮の根っこなんだって!」と
この感動を分かち合おうと教えてあげるけど
みんな既に知ってる事にもビックリしてしまう。
今まで生きてていつの間にそんな情報仕入れたのやら??

私はベトナムの蓮花(ハス)茶が好きで良く飲みます。
とてもいい香りです。

蓮の上には仏様を立たせてて
蓮の花も葉もオチャとして飲まれて
蓮の根は食べられる。

この無駄なさに何だか妙に感動してしまってます



迷いのフトン

私は布団を干すのが好きで良く干します。

お日様の匂いを感じながら眠る心地良い瞬間に
森の中で安心して眠る動物のような感覚がチラつく。
その感覚がたまらなく好きだからです。
自分もお日様の元に生きる動物だと感じるのと同時に
あの誰もお日様には逆らえないと言う絶対的な感覚が押し寄せて、この文章書いてても想像してソワソワする気持ちよさです。

もちろん人が布団を干す姿も
その気持ちよさを求めてるのかと思うと
かなり微笑ましくて好きです。
ウチのベランダから見える50M程さきのマンションの5Fの奥様は(面識ないのに勝手に奥様と呼んでます)
異常に布団を干します。
雨以外は干す!
しかも7時過ぎには既に干す!という勢いで
調子がいいと10時過ぎには他の布団と入れ替える!という気合です。
全く油断のならない布団干し具合です。
「あ!また奥様布団干してる!」と
朝のコーヒーを入れながら奥様布団干し事情を
チェックするのも日課です。

今日もその動物的感覚を味わう為に布団をお日様の元に仕込みました。
もちろん例の奥様はとっくに仕込んでます。
大阪はメチャいい天気です。




迷いの「読書の秋」

この秋は、今までにないほど
絵に描いたような「読書の秋」を過ごしてます。
TVをつけると謝罪ばかりでうんざりくるし
ホント周りにビックリされる程本を読んでます。
それもチベット、ブータン、インド辺りの
アジアの事について書かれたものを中心に。
面白いし、何か落ち着くので次々に読みふけってます。
こうやって知らない事を知っていくと
ものの見方も変わっていくのが楽しい。
本屋さんに行くと、自分が一生の内に読む本って
なんてチビっとなのか。。と改めて感じます。
この先読む本って100冊あるのかな??

アジアへの興味から、もしや!どこだかの空港でダライラマ法王に会えたら(この時点でだいぶ厚かましい!)英語できたら会話できるし♪なんて、30歳の考えとは思えない変なミーハーな動機で、英語の勉強まで始めてしまってます。
(ミーハーって。。死語?と思いつつ使いましたが、他に何か言い方はないのかな?かなり浮かれた時代の言葉のイメージだけど語源って何なんやろ??)

一体アジア読書ブームはどこまで行くのやら??



迷いのサラサラサラサラ〜

昨日友達に誘われバナナホールに
アフリカの楽器、親指ピアノ演奏者サカキマンゴーさんのライブに行きました。

私の友達はマンゴーさんに弟子入りしていて
今年2月から2ヶ月間アフリカで現地人にリンバを習いに行ってました。
彼女はスワヒリ語も話せないのにスゴイ行動力!
帰国してすぐにウチでリンバの演奏をしてもらった時は
一瞬でピリっと空気が変わって鳥肌が立ちました!

↑親指ピアノ、リンバ
友達には私の結婚パーティでも演奏してもらいました。
ありがとう☆

で、昨日はじめて見たマンゴーさんは
「なんじゃこの人!?」な衝撃でした。
楽器と対等で一緒になっててメチャメチャカッコよかった!!
友達がこの人に弟子入りしてんだってのもビックリで。
ドラムとベースとリンバのバンド形式で
今まで聞いたリンバの音と全然違っていて
スゴイ強さで、ビックリしっぱなしでした。
多分、観てるあいだ口開いてたなぁ。。
でも、アフリカの先祖を降ろす儀式の音楽はみんな踊ってたけど
何か私はちょっと恐かったなぁ。

その後は、OKIさんと言うアイヌのトンコリという楽器のライブ。
これがまたメチャメチャメチャ良かった!!
気持ちよすぎて、最近のモヤモヤフツフツとしてた
自分でも持て余してた気持ちをサラサラと流してくれた。
と、同時にいろんな映像が頭の中を駆け巡り作りたいものが溢れた。
音楽に連れてこられる事が多いこの感覚、
夢の中のようでメチャ気持ちいい。

↑OKIさん。CDを衝動買いしてしまった。
CDにサインをもらう群れに私も混ざってみる。
「OKI 2007、BANANAHALL」
が何故か、私のだけOKIさんはさらさら〜っと2008と書いた。
書き終わってOKIさんも「あれ?」とビックリ。
でも未来に間違われるって何か素敵で、嬉しかった。

民族音楽ってスゴイなぁ。
アイヌとアフリカの音とそれを繋ぐ人達に溶かされた素敵な夜でした。




迷いの「ある一日」

朝8時、久し振りに公園に行く。
公園に入るなり「たまには繋がらなきゃだめだよ」
と、どの木かが話しかけてくる。
全くその通りだなぁ。。
最近忙しくて大地を感じるって事忘れてたなぁと思う。

ハトが餌を探し食べる様子を見る。
あぁ〜、全くこのハト達のこの行動は遠い昔から
変わらず朝はこうやって餌を探してるんだなぁ。
変わってくのは人間だけなんだなぁ。。
そして勝手に忙しくなったり便利になったり不安になったり孤独になったりしてるんだね。。なんて思う。

そろそろ公園を出てウチに帰ろうかと思い
フト、手に持ってた鍵をどこかに落としきた事に気づく。

え?手から鍵落ちて気づかんかったん?と
歩いたとこを探すと、イチョウの木の前に落ちていた。
イチョウの木を見上げると何だか嬉しくなった。
こういうの多分波長が合うって言うんだろうなぁ。
そして何故か奈良の天川のイチョウの木をくっきり頭に浮かんだ。

あ、そういうことか。。と思い、
そっと誰にも言わずその日(昨日)は仕事を無視して
イチョウの木に誘われるまま奈良県の天川村に行った。
そういえば数日前、無性に天川を流れる水の音を聞きたくなったんだった、なんて納得しながら。

突然だけど昨日は私にとっては
天川の水や石にいろいろ感じ教えてもらった大事な一日となった。

黙っておく理由もないけど、
家に帰っても天川に行った事言わなかった。
翌日になっても何となく誰にも言ってない。。

誰にでもあるそんな秘密の一日。
汲んで来た天川の水を飲んだウチの植木達だけが
感づいてる、そんなある一日。


他の人からしたら変な
思い込みで出来た一日かもしれない。
でも世界は全部思い込みで出来てるんじゃないかな?と
たまに思う。昨日は素晴らしい世界だ!と思い、
翌日は何だかひどく孤独だったり。。
でも実際何も変わってなかったり。

今日も思い込みで出来た「ある一日」を過ごしてます。



迷いのサボテン

数ヶ月前からほしかったサボテンがついに家にやって来ました!
私の8月12日の誕生祝いにとちょっと遅れた
ダンナさんからのプレゼントの柱サボテンとウチワサボテン。
植物って毎回出逢いがあるように思うのですが、
この子達もそんな感じでした。

さぁ、サボテンを探しに行こう!と
二人で暑い日曜の真昼の太陽の下、
自転車で何軒も植木屋さんをハシゴして探し回りました。
家を出る前から何となく、
偶然思わぬところで出会うだろうなぁという気はしていました。
実際回った何軒かにはサボテンもあったのですが、
全然ピンとこなくて。

少し離れてるけど(自転車で30分くらい)植木屋さんあったよ!
これで今日は諦めようか。。とそこを目指して走っていて
もう5〜10分で着くよってところで、
私は自分で行こう行こうと言い出しておきながら
そこに行くのが急にどうしても嫌になり
突然些細なことに、何で?ってくらい腹が立ち
ホントにこれ以上少しでも進むのが嫌になり、
自転車を降りました。
ホントに上手く説明出来ないのですが
とにかくこれ以上先に進むのが嫌で嫌で仕方なかった。

で、ケンカになり、折り返して全然違う道を通りました。
そしたら、こんなとこにあったっけ??
という場所に植木屋さんを発見し
ウィンドウにこのサボテンがいました!

一目で、わぁ!この子や!!とビビっと?きて
あの意味不明なイライラも一気にすっ飛びました。

そういえば、あの無性に先に進みたくなくなった場所は
ちょうどその植木屋さんの裏手あたりでした。
やっぱりどうもサボテンに引き止められた気がするのですが。。

そのくらい吸い込まれるように好きになってしまいました。



迷いの星


夜空に星がランランとしている。
最近私は星を見ると、
星ってキラキラしてる時の人の目に似てるなぁと思う。

もしかしたら瞳の数と星の数は同じかもしれない。。。
なんて、結構本気で思ったり。
人間の目だけなのか?
犬や猫。鳥も入るのか??魚はどうよ???昆虫は!?
そうなってくると、ちょっと話は難しく?なる。
星ってそこまで多いのかな?
いや案外、全生物の「目」分くらいの数の星はあるか。。
いや、も、もっとかな??
じゃあ今まで存在した全生物分か??
プラス宇宙人???
プラス植物は!?あ、目がないなぁ。。
植物の場合は芽でカウントするのか??

科学も知識も何の根拠もない私の仮説ってか想像。
バカみたいな話かも知れないけれど
でもそのくらい、何で??って
不思議で世の中構成されてるもんね。。

科学って今分かってる範囲の事だし
何十年か後に賢い人達が実証してくれる日が来るかも。。